ワーホリに持っていったもの!

わたしは比較的少ない方なんじゃないかなと思うのですが、大きいスーツケース1つと、リュックで出発しました!

なんか必要なものがあれば送っても~らお♪という適当な気持ちでパッキングしました(笑)

洗濯は基本週に1回です。私はシャワーの時フェイスタオル派なので気になりませんが、荷物を減らすためにもバスタオルはあまりオススメできません。

タオル7枚、下着7枚、1週間分の服、化粧品、洗面具、ノートと筆記用具、ステイ先へのお土産、渡航書類や貴重品、ハイヒール(1回も履かずw)、ひまつぶしのゲーム、ぐらいかな!

グレイから「液体は重いからもっていかない方がいいよ」と言われ、洗剤とかシャンプーとかは、現地で調達しました。

toronto

ドラッグストアの場所をホストマザーに教えてもらって、店内のシャンプーコーナーでシャンプーらしきものを探すこと約1時間、、、いい勉強になりました。

toronto

私のステイ先にはドライヤーがなかったので、母に送ってもらいました!あと私は真冬に到着したので最初から冬用のコートとブーツを身につけてたので荷物を少し減らせました!

中にはスーツケース2つ持ってくる人もいますよ~!なにがはいってるんだろう?服かな?

カナダ オンタリオ州のお酒事情

先生が教えてくれたのですが、オンタリオでは昔、お酒は危険なものとしての認識が強く、規制もかなり厳しかったそうです。1人あたりの購入上限があり、購入記録が管理されていました。

そのなごりで、いまだにお酒は限られたスーパーか、政府運営のLCBO(Liquor Control Board of Ontario)というお店でしか購入できません。

Toronto


他にも、購入したお酒はなるべくトランクに載せる、とかいろいろルールがあります!レストランで働いていましたが、ワインの飲みきれなかった分(瓶)を持ち帰りにするときは、栓を閉めて、はみ出たコルクはナイフで切らなければならなかったり、お酒をサーブしすぎて、酔ったお客さんがケガした時は、お酒を売りすぎたサーバーの責任だったり。と、日本では考えられないような法律がありました!

かと思いきや、酔ってなければ車を運転してもいい。という謎のゆるゆるルールもありました笑

お酒は種類豊富で、ウイスキーが有名ですが、ビールのブルワリーも多く、バーに行くとたくさんの種類のビールが提供されています♪

バーテンダーさんに、「こんな味のビールがいい」と伝えると、選んでくれますよ~(^◇^)

写真は、ビール売り場です☆

Toronto

すごくないですか!?

カナダに行ったら、お気に入りのビールみつけてみてくださいね♪

Spring picnic

Let’s drink beer in the park and look at flowers together! All are welcome :))

BYO food and drinks!

Don’t forget to invite ALL of your good-looking friends and some ugly ones too! lol

日にち:2019年 3月24日(日)

時間:14:00~

場所:二の丸公園

こども、友達、家族、みなさん大歓迎!楽しくお花見しましょう~!

お弁当やスナック、飲み物はすべて持ち込みです♪

当日、見つけられないときはグレイまで電話してください 080-1767-5423

SEE YOU THERE!!